姉妹友好都市記念広場

名古屋市の都心栄地区を南北にのびる久屋大通公園には、姉妹友好都市提携を記念して造られた広場があり、各都市から贈られたいくつものモニュメントが、木々や噴水、花壇などとともに私たちを楽しませてくれます。都会のオアシスを散歩して姉妹友好都市の軌跡に触れてみませんか。

ロサンゼルス広場

ロサンゼルス広場はセントラルブリッジの北側にあります。ロサンゼルス市のたくさんのモニュメントがあり、とても賑やかな広場です。

1 ロサンゼルスの石(1977年寄贈)

中部カリフォルニア産「アラバマ丘陵の石」です。1億8千万年前のものと言われています。ロサンゼルス市と名古屋市の友情と交流の歴史を末永く記念するために贈られました。姉妹友好都市の広場最南端に位置します。

2 フレンドシップパターンズ(1979年寄贈)

カリフォル二アの有名な芸術家、ドラ・デ・ラリオスの作品で、姉妹都市提携20周年を記念して贈られました。陽光の陰影の効果をねらった抽象的な作品で、コンクリート壁画タイルの巨大な作品を見ながら、現代アメリカの芸術に親しんでみましょう。

3 マンズシアタープレート(1984年寄贈)

ハリウッドの有名な映画館、マンズ・チャイニーズ・シアター前庭にあるスターの手形、足形、サインなどのプレートを複製したもので、姉妹都市提携25周年を記念して贈られました。名古屋にはマリリン・モンロー(「七年目の浮気」など代表作多数)やクラーク・ゲーブル(「風と共に去りぬ」のバトラー役で有名)などのプレートがあります。ハリウッドスターの手形と自分の手を合わせてみましょう。

モニュメント上部のワシの彫刻はアメリカの国鳥であるハクトウワシを形取ったものです。

4 ウォークオブフェイム(1990年寄贈)

ハリウッドにある有名な観光スポット「ウォークオブフェイム(有名人の道)」の複製です。姉妹都市提携30周年記念として贈られたもので、有名人の名前の刻まれた25個の星形が通路に埋め込まれています。名古屋市に贈られた星型にはオードリ・ヘップバーン(「ローマの休日」など代表作多数)やシルベスター・スタローン(「ロッキー」で有名)など25人の有名人の名前が刻まれています。一人一人の星型を見ながら、何人の業績を言うことが出来るかチャレンジしてみましょう。

5 戯れの天使(2009年寄贈)

ロサンゼルスで活躍中の有名な芸術家、ウェイン・ヒーリーの作品で、姉妹都市提携50周年を記念して贈られました。雲を通り抜けてダンスする天使の絵を中心に、ロサンゼルスの昔の7枚の写真を配置した記念プレートです。天使は、天国で天使になれたら楽しいだろうということと、ロサンゼルスはエネルギーに溢れているだけでなく、楽しい場所だということもデザインで表現しています。7枚の写真は1930年代、1940年代のロサンゼルスで撮影されたもので、ロサンゼルスの歴史的な側面を表しています。

メキシコ広場

メキシコ広場はロサンゼルス広場の北側にあり、いこいの広場とも呼ばれています。ここにある3つの巨大な像は名古屋とメキシコの友好を物語っています。ここにあるのは全て複製ですが、実物はメキシコ国立人類学博物館でそれぞれ特別展示されているほど貴重なものです。

6 アステカの暦(1978年寄贈)

メキシコに古代国家を築いたアステカ民族の暦の複製です。太陽神を中心に複雑なモチーフを幾重にも巡らせた図柄の中に、宗教的宇宙観と天文学の正確な知識が表現されています。実物はメキシコ国立人類学博物館最大の見所として名高いものです。アステカの神秘に思いを馳せてみてはいかがですか。

7 コヨルシャウキ(1980年寄贈)

15世紀に作成された月の女神「コヨルシャウキ」を描いた石碑です。現在のメキシコ市の前身、古代アステカの都「テノティトラン」の大神殿にあったものの複製です。月は太陽によって毎月打ち負かされるというアステカ民族の考え方が表されており、石碑の中の女神は不自然な方向に手足を曲げ、苦しそうです。一目では何が描かれているのか分かりませんが、ジッと見つめていると女神の像が浮かびあがってきます。

8 トゥーラの戦士像(1978年寄贈)

メキシコ市から北へ65km。かつてトルテカ文明の中心地として栄えた古代都市「トゥ-ラ」にあるピラミッド神殿の天井を支えていた戦士像の複製です。羽毛の頭飾り、胸にはトルテカ文明特有の蝶の紋章をつけ、武具と装身具を手に持ち、背面のベルト締め具は太陽神の顔です。実物はメキシコ国立人類学博物館のほか、トゥ-ラ遺跡でも見学できます。誇り高いトルテカの戦士の勇姿、一度ご覧になってはいかがでしょうか。

南京広場

南京広場はメキシコ広場の北、リバーパークの南に位置します。通路を挟んで建つ、白くそびえ立つ「華表」の柱を目の前にすると、その神秘的な壮大さに圧倒され、一瞬中国の古都を訪れているかのような気分になります。

9 華表(1980年寄贈)

華表とは、古代中国の記念建築の一種で、宮城や陵墓等に設置された2本1対の石柱のことです。日本の鳥居や狛犬にあたるもので、石柱の上部では魔を払う霊獣・辟邪が睨みをきかせています。南京市郊外にある梁朝時代(6世紀)の華表の複製です。

シドニー広場

久屋大通公園の最北端にシドニー広場があります。広場の北側にシドニー市から寄贈された「シリウス号のいかり」が設置されており、周りにはオーストラリア原産のモリシマアカシアが植えられています。

10 英国船シリウス号のいかり(1990年寄贈)

イギリスからオーストラリアに渡った最初の移民船を護衛した軍艦シリウス号のいかりの複製です。このいかりはシドニー市の市章に描かれるほどシドニー市民にとって大事なものです。オーストラリアに最初に着いた移民達、その様子を想像するのも興味深いものです。

関連施設へ戻る

  • 入会案内
  • 活動報告

名古屋姉妹友好都市協会
〒460-8508 名古屋市中区三の丸三丁目1-1 名古屋市観光文化交流局観光交流部国際交流課内
TEL:(052)972-3063 FAX:(052)972-4200
E-mail:info@nsca.gr.jp

↑